日本でも人気の中華料理

中華料理と言うとあなたは何を想像されますか?キラキラに輝いたお店の中で食べる食事でしょうか?この用にまず、中国の雰囲気から思い出される方もいらっしゃることと思います。また、中華料理の味付けでしょうか?それとも、日本食ではめったに食べる故都のできない食材でしょうか?一人一人の好みが違うように、それぞれの観点も違ってきると思います。しかし、だれしも時々、無性に中華が食べたいと思うときはありませんか?誰でも少し脂っこい物を食べたい時はある物です。日本でも身近な家庭料理の中にも中華料理は存在します。それは主にチャーハン(焼き飯)であったり、餃子やラーメン、レバニラ炒めなどよく作られるかも知れません。これらすべては中華料理の一種です。他にも中華料理の冷凍食品からも様々な中華おかずが登場しています。そしてこれらは主食であるご飯によく合います。又、それらは簡単に私たちの手に入るようになっているので、誰しもが「中華料理を食べたい!」と思ったときに簡単に口に入れることができます。お弁当などにも中華料理はあります。また、外食ではどうでしょうか。高級なホテルの中にも中華専門のお店もありますし、ファミリーレストランのメニューにも中華料理があります。中には中国人が作る中華店もあります。家で作る場合には好みの味に調理すればよい訳ですが、チェーン店ではないお店に行った場合には少々味付け方も変わってきます。それで、きっと皆さんの中にも中華なら決まって行く店が一つや二つはあるのではないでしょうか。このように、日本人の私たちの生活の中にも、中華料理が一般的に入ってきて、今では、中華料理は日本人にも絶大な人気がある料理の一つとなってきています。日本人が考える事柄の1つとして、「本場、中国人が作っているお店が必ず美味しいか」という問題があります。答えはそうではない場合もあると言うことです。なぜならば、それが本場の味だからと言うことです。私たちは本場、生の味を知る機会が余りありません。そして実際に使用する食材や器具、そして調味料も違うからです。これら現地の調味料などはなかなか日本では手に入りにくい物もあります。かといって、これら調味料などは、日本製品と全く違うものでもありません。このように、全く本場の味に慣れていない日本人にとっては、日本では確実の再現できないその中華料理が「美味しい」と思えるときと、「あまり好きではない」と思える二つのパターンに分かれてしまうのです。それは、中国人の料理の腕や技術と言うより、私たちが慣れ親しんだ味に合うかどうかと言う問題かもしれません。もちろん、本場の物が最高に美味しい物も多くあると思います。しかし一言で言って、「中華料理」と言えどその広大な国から出てくる料理には様々な地方ならではの料理があります。つまり、土地によって、味付けが違ったり、調味料が違ったりしてくるということです。では、私たちが大好きな、それでいて、慣れ親しんでいる中華料理の一つ一つは、広大な中国のどこの料理なのでしょうか。

 

ページの先頭へ